デジタル一眼レフ 撮り方 入門

サイトマップ

効率よく上達するには写真教室に通わないとダメだと思っていませんか?
キレイな写真を撮るにはどの機能が大事で何が不要なのか知っていますか?


⇒■誰も口にしなかった光速写真上達術の3つのポイント

【カメラ雑誌や写真教室で一から勉強する必要はありません】



デジタル一眼レフの撮り方を習得するにはカメラ雑誌や写真教室に通ったり、高額な機材を使ったり、大量の写真を撮らなければならないと思っていませんか?

カメラ雑誌では実は写真撮影の上達は難しいといえるでしょう。

それは表面的な説明に終始していて根本的なところに触れていないからです。

撮影テクニックの根本的なところを書いてしまうと、ネタが無くなり次に雑誌を買ってもらえなくなるからです。

カメラ雑誌は企業に広告スペースを提供して利益を上げているので、雑誌を買ってもらえないと死活問題となるのです。

写真教室はお金と時間がかかります。

お子さんの成長記録などを美しく写真に残すのに教室に2年も通っていられないですよね。

上手な写真を撮るのに難しい理論はいらないのです。

⇒■カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



重要な3つのポイントを押さえれば、あなたでもすぐにキレイな写真が撮れるようになります。

【重要な3つのポイント】

■カメラはレンズが命です

 開発者の佐藤さんはコストパフォーマンスの高いレンズをシンデレラレンズと呼んでいますが、一眼レフ講座では、このシンデレラレンズを使って手軽にプロと同じ写真を撮れるコツが学べます。

■写真を上手に撮るにはカメラの設定が重要

 カメラに入れる光の量は多すぎても少なすぎてもダメ。
カメラとレンズの性能を100%引き出すために必要なモードは一つしかありません。
プロでもこのモードしか使わない人がたくさんいます。


■センス=セオリー

 写真はセオリーを知っていれば必ず結果(いい写真)を出すことができます。

具体的には、「主役」「構図」「光の当て方」です。

この3つのセオリーが完全に満たされたときに初めて上手な写真が撮れるのです。

通常、この講座に収録されていることを専門的に学ぶとしたら、何十万円以上という費用がかかります。

キレイで印象的な写真が撮れれば楽しいですよね。

この講座で学べば他の人から褒められたり、撮ってくれとせがまれたりするようになるでしょう。

いい写真が取れたらコンクールに応募してもいいですね。



写真はキレイに撮れれば楽しくなります。

高額な機材を使わなくても、各メーカーのシンデレラレンズをセレクトしたリストに従えば、レンズ選びに迷うこともありません。

店頭の販売員は教えてくれない、カメラ開発者だけが知っているコストパフォーマンスを追求したデジタル一眼レフカメラを知る事ができます。

このDVD教材があればあなたが初心者であろうとすぐにプロの写真家のようなキレイな写真が撮れるようになるでしょう。

このDVD講座であなたの写真撮影がより楽しくなる事を願っています。






「デジタル一眼レフ 撮り方 入門」について

デジタル一眼レフのカメラをせっかく買ったのに、思ったようにキレイに撮れなくてがっかりしてませんか?このDVD講座で学べば写真撮影の基礎知識はもちろん、5分で見違えるほどの上手な撮り方や失敗しないカメラの選び方までカメラ開発者直伝のノウハウが手に入ります。

SSLのセキュリティ保護