サラリーマン 副業 確定申告

サイトマップ

確定申告すれば税金を取られるだけと思っていませんか?
たった3つのことをするだけであなたの税金は戻ってきます。


⇒■たった3つの方法とは?

【サラリーマンでも節税できる方法】



確定申告というと個人事業主や会社のイメージがありますが、家を新築したり、途中で会社を辞めたりして年末調整できなかった分を取り戻したりする時も確定申告しますよね。

今はサラリーマンも副業をしている人が増えていますが、確定申告をしていない人がかなりいますが危険です。

なぜなら税務当局はあなたの副業をしっかり把握しているからです。

もしあなたがサラリーマンでアフィリエイターでもあるなら、ASPからの売り上げは銀行振り込みのはずです。

また情報商材をアフィリしているなら、情報商材の販売者はアフィリエイターやタイアップパートナーへの報酬を広告費として経費計上し、収支報告書に報酬支払先の氏名と住所も記載して、確定申告を行っているので、全て税務当局に情報が残っているのです。

「私はそんなに稼いでいないから・・・」と安心してはいけません。

税務調査は高額所得のある人だけとは限りません。

最近は年間で30万円も稼いでいない人が税務調査にあい、ほんの小額でも税金を納める羽目になりました。

今はネットビジネスをしている人をターゲットにしているようです。

しかし確定申告をすれば必ず税金を支払うという事にはなりません。

確定申告によって還付される場合があるのです。

サラリーマンでも節税することができますし、確定申告をしたからといって会社にばれる事もありません。

その方法もホームページで確認できます。

会社によっては副業を禁止しているところもありますからね。

でも確定申告の方法なんてわからないし…と心配なら「税金奪還マニュアル」がおススメです。

⇒■副業者必見の節税方法!税金奪還マニュアル!




このマニュアルは元市役所税務課職員だった、佐藤昇さんが作ったものです。

内部関係者だからこそ知っている節税方法なので、この方法に従えば確定申告の仕方から所得を落とすための各種方法を知る事ができ、税務署に郵送するだけで済みます。

確定申告をしっかりしておけば税務調査が入るのではとびくびくすることもありません。

何が経費になるのかもしっかり学べます。

高いお金を払って税理士にお願いしなくても大丈夫です。

この方法に従って実践した人が節税に成功しています。

副業のサラリーマンだけでなく、個人事業主や農家の人にとっても税金を安くできる万能マニュアルですからそういう人にも非常に有益なマニュアルだと思います。

マニュアル代も税金の還付で戻ってくるのではないでしょうか?

確定申告をしっかりして、どうぞあなたの税金を取り戻してください。





「サラリーマンの副業 確定申告で税金が戻ってくる!」について

副業をしているサラリーマンの副収入が20万円を超えたら確定申告をする必要があります。あなたはバレないと思っているかもしれませんが、税務当局では所得隠しに気付いています。所得を隠しているとわかればどんなに少額であっても最長7年間にわたって追徴課税され、ペナルティとして年利14.6%の延滞税も加算されます。逆に赤字申告で税金が戻ってきます。

SSLのセキュリティ保護